金輪継(かなわつぎ)

金輪継(かなわつぎ)とは、同形の両部材の口にT字形の目違いをつけて組み合わせ栓を差して固定します。伝統的継手の中でも強固なもののひとつです。
あらゆる方向に強度が得られるため、柱や梁、桁をつなぐために用いられます。

1475404884123.jpg

写真だと分かりにくいかな。
イラストだとこんな感じ。

20150107130826973.jpg

1475404955939.jpg

ゴミはスルーしてください。(汗)

1475405131800.jpg

この加工に半日かかりました。(汗)(汗)

*******************************************
 「木香の家」 板倉構法(落し込み板壁工法)
     下村建築
 一級建築士事務所 建彩工房
 http://www.kensai-kobo.com/
板倉構法とは伊勢神宮などの神社や穀倉として、
古くから大切なものを守るために使われてきた
伝統工法です。
*******************************************

(@_@)




このブログの人気の投稿

何で手術したかって言うと

久っしぶりのブログです。

水槽台